【アレルギー抑制効果のある乳酸菌情報】

小岩井乳業とキリンビールがコラボ

菌種・菌株のプロフィール

KW3110は、小岩井乳業が保有する膨大な乳酸菌ストックの中から、キリンビールの研究者が選び抜いた乳酸菌。

 

学名は、ラクトバチルス・パラカセイ KW3110株。

 

Th1サイトカインを誘導する活性、およびTh2サイトカインを抑制する活性にともに優れ、アレルギー抑制に強いポテンシャルを示しています。

 

アレルギー抑制能力の検証結果

免疫で重要な役割を果たすリンパ細胞として、Th1細胞とTh2細胞というものがあります。

 

免疫システムのTh1がブレーキ、Th2がアクセルに当たり、両者のバランスが取れている必要があります。

 

アレルギーはこのバランスがTh2に傾いて、暴走状態にあること。

 

この時、IgEという抗体が過剰に作られます。

 

人工的にアレルギーを引き起こしたマウスにKW3110を投与したところ、投与していないグループよりIgEの濃度が低下しました。

 

すなわちTh2抑制能力を示しました。

 

一方、このマウスの脾臓リンパ球のサイトカイン産生量を調べたところ、投与グループの方がTh1サイトカイン産生量が高いこともわかりました。

 

すなわちTh1を強める働きがあります。

 

免疫システムのアクセルを緩め、ブレーキを踏んで、暴走を正常化する能力があるわけです。

 

KW3110株は、今後さらなる実験でアレルギー抑制の能力が検証されていく期待を背負った乳酸菌です。