【アレルギー抑制効果のある乳酸菌情報】

免疫と強力な関係を持つ特異な菌

菌種・菌株プロフィール

免疫強化食品の開発を目指して有用な乳酸菌を探索していたハウス食品がついに見出した逸材乳酸菌。

 

正式学名は、ラクトバチルス・プランタラムL-137。

 

「なれずし」から分離培養されたもので、元は大阪大学が保有していた菌株を譲渡されました。

 

なれずしとは日本を含む東アジア一帯に見られる発酵保存食で、米と魚をともに発酵させたもの。

 

日本では滋賀県の「ふなずし」が有名で、強烈な匂いのする食品です。

 

この乳酸菌は、免疫強化やアレルギー抑制といった免疫関係に比類ない能力を示します。

 

だからL-137を使った乳酸菌サプリ「ラクトプラン」は、ずばり「免疫を強化するサプリ」という打ちだしをされています。

 

(宣伝の中では「免疫」という用語は「守るチカラ」に置き換えられていますが)

 

「お腹の調子を整える」といった曖昧なぬるい打ち出しは全然されていない。

 

発売元のハウス食品は相当に自信があるようです。

 

アレルギー抑制能力の検証結果

数ある乳酸菌の中でも突出した免疫賦活能力を持つL-137。

 

アレルギー抑制の面でも結果を出しており、ヒトへの効果に期待が高まります。

 

アレルギーモデルマウスでの実験

カゼインを摂取するとアレルギーを起こすモデルマウスを使用。

 

マウスを2グループに分け、片方にはL-137を添加した水を与え続けました。

 

アレルギー抗原のカゼインを両グループに与え、血中IgEを測定。

 

L-137を与えた方は明らかに濃度が低く、少なくともマウスに対してはアレルギー抑制効果があるという結果になりました。