【アレルギー抑制効果のある乳酸菌情報】

アレルギー緩和をダイレクトに打ちだし

菌種・菌株のプロフィール

L-92は、カルピス社が「アレルギーを緩和する乳酸菌」として強力に打ち出している菌株です。

 

正式学名は、ラクトバチルス・アシドフィルス L-92。

 

 

アレルギー抑制能力の検証結果

 

アトピー児童での実験

4歳〜15歳のアトピー性皮膚炎患者に一定期間L-92を摂ってもらい、皮膚の観察や血液検査を実施。

 

90%の患者に改善効果が見られました。

 

通年性アレルギー鼻炎患者での実験

49名の患者を2グループに分け、発酵乳を飲んでもらう。

 

片方のグループにはL-92を配合。

 

L-92の入った発酵乳を飲んだグループには有意な症状改善がみられる一方、副作用は出なかった。

 

花粉症患者での実験

80名の患者を花粉曝露施設内でスギ花粉にさらす。

 

L-92を含む錠剤を180mg、60mg、20mg摂るのと、まったく摂らない、の4グループに分けて観察。

 

L-92をたくさん摂っているほど、症状が緩和され、血中の抗体も低かった。

 

アトピー性皮膚炎と食物アレルギー併発の乳幼児への実験

59名の患者を2グループに分け、片方のグループにはL-92を6か月間投与。

 

SCORAD(アトピー性皮膚炎症状スコア)、血中マーカー、患者児童および親へのアンケートの3方向から検証。

 

3つの観点のすべてにおいて、L-92の有意な効果が認められる一方、副作用はなかった。

 

第63回日本アレルギー学会(11月28〜30日/東京)にて発表。