【乳酸菌のアレルギー体質改善効果まとめ】

実験結果で立証されだした乳酸菌の効果

 

L92乳酸菌の例

カルピス社の「健康情報室」というサイトでは、「L92乳酸菌」の有効性が確認された実験のことが出ています。

 

「L92乳酸菌」の正式名称はラクトバチルス・アシドフィルスL-92株です。

 

実験は和歌山県の花粉暴露試験施設で80名のボランティアを対象に行われました。

 

「L92乳酸菌」を与えるグループと、プラセボ(ニセ薬)を与えるグループに分け、8週間の服用の後、花粉にさらしました。

 

「L92乳酸菌」を与えたグループの方が明白に目や鼻のかゆみの症状が軽かったそうです。

 

クレモリス菌FC株の例

カスピ海ヨーグルト研究会は、クレモリス菌FC株を含むヨーグルトと対照食を1ヶ月食べてもらった対象者のIgE抗体の血中レベルを測定しました。

 

IgE抗体は身体の防衛システムの一環で作られる物質ですが、不必要に過剰に作られると花粉症などのアレルギーを引き起こします。

 

調査の前後でのIgE抗体の血中レベルを比較すると、クレモリス菌FC株を与えたグループに有意な低下がみられたと報告しています。

 

科学的検証が進む花粉症の効果

花粉症は一度発症したら一生治らないものとされてきました。

 

ヨーグルトなどで改善し、乳酸菌が花粉症に効くらしいという噂や体験談が出ても、俗説と片づけられる場合が少なくありませんでした。

 

しかし、ここにきてこれが科学的事実との認知が広まりつつあります。

 

アレルギー専門医の中にも乳酸菌が花粉症に効果があると認める人が増えています。