【乳酸菌のアレルギー体質改善効果まとめ】

身体の防衛システムの暴走

アレルギーの正体は、カラダの過剰防衛反応で自分自身が苦しんでいる状態だとトップページで書きました。

 

ここではその仕組みをもう少し詳しく説明します。

 

最初に最低限必要な専門用語を説明しましょう。

 

アレルゲン: 花粉やダニの死骸など、アレルギー症状を引き起こす物質です。卵アレルギーの人は卵という具合です。

 

IgE: アレルゲンと対抗するために体内で作られるたんぱく質です。

 

Th2: IgEの作成を助けるリンパ球の一種。アレルゲンに対する防御システムのアクセルみたいなものです。

 

Th1: IgEの作成を抑えるリンパ球の一種。アレルゲンに対する防御システムのブレーキみたいなものです。

 

アレルギーはTh2が強くなりすぎて、IgEが過剰生産された状態です。

 

アクセル踏みすぎて、ノーブレーキ。

 

それでカラダの防衛システムが暴走している状態がアレルギーなのです。

 

 

さて、乳酸菌の中にはTh2を抑えてTh1を強める働きを持つものがあるとわかってきました。

 

簡単に言うと、アクセルを緩めてブレーキを踏む乳酸菌がいるということです。