【アレルギー抑制効果のある乳酸菌情報】

しょう油もろみの乳酸菌

菌種・菌株のプロフィール

キッコーマン社の研究陣が醤油もろみの中から分離培養した乳酸菌です。

 

醤油醸造において、乳酸菌は味に深みを出す役割を担っています。

 

同じ醸造に世界であっても、製品を白濁させる邪魔者扱いのビール醸造の世界とは扱いが逆です。

 

しかし、多くの食品の製造に乳酸菌は何らかの形で関わりがあり、各社とも自分たちに近い乳酸菌に何らかの効能がないか探索している。

 

これもそんな一例です。

 

醤油醸造に関係する151株のの乳酸菌を比較対照実験した結果、乳製品由来の乳酸菌より強いアレルギー抑制効果を持つ菌株が複数みつかりました。

 

KK221(Th221)株はその中でもひときわ強力だった菌株です。

 

アレルギー抑制能力の検証結果

アレルギー性鼻炎を持つボランティア45名を3グループに分け、Th221の量を変えて服用実験を実施。

 

第一のグループはTh221を含まないプラセボ(偽薬)。

 

第二のグループは低用量のTh221。

 

第三のグループは高用量のTh221。

 

8週間の摂取後の自覚症状スコア前後比較で、用量が多い順に症状の改善が見られました。